「焚き火台って、正直言ってBBQに絶対必要なものじゃないし…」と思ってませんか?

焚き火台があるだけで雰囲気満点&キャンプが数倍楽しくなりますよ。

ひたすら焚き火の揺らめく炎と

薪がパチパチ爆ぜる音を聞くだけの動画です。

これを見て焚き火気分を盛り上げて下さい。

バックBGMがある・ないお好きなバージョンをどうぞ。

燃料

炭と薪

メインで燃料になるものは木炭・成形炭や薪のどちらかです。よくある使い分けとしてはBBQをするときは焼き網を上に置きやすい木炭・成形炭焚き火をするときは薪を使います。


焚き火以外の用途

◆ BBQ

BBQ

炭を配置し、その上に焼き網を乗せればそのまま食材を焼いてBBQすることができます。


おすすめ焚き火台

超コンパクトな焚き火台。グリルも兼用で使えます。

え?これホントに焚き火できるの?という不安に駆られるほどコンパクトです。

でも一人〜二人くらいなら丁度いいピッタリサイズ。

薪は小さめサイズじゃ無いと入らないのでご注意を。

バタ薪のような小さめサイズを買うか、ハンドアックスで割るなど

準備が必要です。

◆ 組み立て時間約10秒!とっても簡単!

組み立て方

◆ コンパクト!

コンパクト

組み立ててもミニテーブルに乗るほどのサイズ感!

コンパクト

収納ケースに入れると片手で楽々持てるほどコンパクトに!

◆ 火の起こし方

このようなアウトドア専用耐風バーナーを使うと、火を起こしやすいです。

成型炭を使う場合
成型炭に火を付ける

成型炭と焚き火台のサイズが合わない場合は、入る大きさに成型炭を割り入れます。バーナーで火をつけると、炭が黒から灰色に変わってきます。火が行き渡っているのが確認できたら火がついたという合図なので、バーナーの火を止め焼き網を乗せましょう。

薪を使う場合

薪はこのような手斧(ハンドアックス)を使って割ります。

成型炭に火を付ける
成型炭を火付け材をして使用します。成型炭を一番下に配置し、火をつけます。
薪を乗せる
成型炭に火がついたら、その上に薪を乗せます。

▼こちらからでも購入できます!▼


ご不明点はお気軽に店舗にて店員までおたずね下さい。

アウトドアワールド店舗一覧はこちら!