trangia(トランギア)のメスティンを使ったご飯の炊き方をご紹介!

ご飯を炊くだけ、から今回は少しグレードアップしてパエリアに挑戦しました!
とは言ってもメスティンなら簡単&失敗が少ないのは同じ!

用意するもの

◆ 材料

パエリアの材料

◆必要な材料◆
・お米…一合
・水…180cc
・パエリアの素
・パプリカ…1/4個分
・シーフードミックス(今回は冷凍を使用)
・オリーブオイル(少々)
・パセリ(少々)

このままだと味が少し薄いかな?と感じたので濃い目の味が好みの方は

「塩・コショウ」「スパイス」があったほうがいいかも、と感じました。

ちなみに使用した器具としては、メスティンの他に今回は火元におなじみ鹿さんのバーナーを使用しています。
↓ 使ったものはこちら!↓

↓あとは鉄板のローテーブル↓

ゆるキャンのを見て購入したものの私は体が大きいため別の使い方をしました
直火禁止のところで小さなグリルの台としての高さ調整に使いました
単純な構造ながらシッカリとしていて今後いろんな台として活用していきそうです
出典:amazon

事前準備

水を入れる目安

お米は事前に30分ほど浸けておきます。

米一合に対し、グロメットの真ん中まで水を注げば「180cc」と大変わかりやすいのがメスティンの特徴ですが、今回はシーフードミックスを冷凍のまま入れたので水分量が少し増すと考え、少し水は減らしました。

使用する材料によって水の量は微調整しましょう。


パエリアを作る

素とオイルをかき混ぜる

① お米を浸けておいたメスティンに「パエリアの素」「オリーブオイル」を入れ、よくかき混ぜます。

パプリカとシーフードミックス入れる

②カットした「パプリカ」「シーフードミックス」を入れます。

メスティンを火にかけます
弱火でじっくり

③メスティンのフタを締め、火にかけます。ここから20分ほど火にかけますが、「弱火でじっくり」が失敗しないコツです。

また、今回はシーフードミックスを「冷凍のまま」入れているため、温度が下がることを考慮し5分ほど長めに火にかけています。

中身の材料の状態や、気温などにより火にかける時間は微調整しましょう。

吹きこぼれてきたら
重しをする

④火にかけて温まってくると蒸気が漏れ出てきたり、水滴がたれてきたり。「吹きこぼれ」防止のために「重し」を乗せます。

フタに乗せるものは何でも構わないのですが、結局缶詰がジャストサイズなんですよね

たまに前後すると良い

⑤20分間の間、たまに火の位置を前後するとムラが少なくなります。

タオルにくるんで蒸らす

⑥ 20分間立った頃にはいい匂いがし始めてくることでしょう。火を止め、タオルにくるんで保温しつつ蒸らします。蒸らす時間は約10〜20分間です。

なおご飯のみを炊いた際は「ひっくり返し」ましたが、今回はやりません。

(グチャグチャになったら嫌だから…)

蒸らし終わり

⑦ 蒸らしが終わったら完成です! 色鮮やかでおいしそう!

オシャレパエリア

なかなかオシャレな感じにできちゃいました!

ほりにし

少し味が薄かったので

あの…伝説のアウトドアスパイス「ほりにし」をかけていただきました!

え?「ほりにし」知らないの?って方は↓↓↓
メスティンで色々料理してみた▼

▼こちらからでも購入できます!▼


ご不明点はお気軽に店舗にて店員までおたずね下さい。

アウトドアワールド店舗一覧はこちら!