trangia(トランギア)のメスティンを使って、自動炊飯でサバ缶の炊き込みご飯を作りました!

他のクッカーを使わず、メスティン一つで出来ちゃいます。

※もちろん自動炊飯ではなくガスバーナーでも作れます。やり方や時間は同じなので試してみて下さいね。

用意するもの

材料

◆必要な材料◆
・さば缶(水煮)…1缶
・にんじん…1/4本
・油揚げ…1枚
・しめじ…50g
・刻みネギ…少々
・料理酒…大さじ1
・しょうゆ…大さじ1/2
・塩・コショウ…少々
・しょうがチューブ…少々
・お米…1合
・水…160cc

サバ缶は味噌煮でもOK!お好みでどうぞ。

また、塩コショウの代わりに今回は「ほりにし」を使いました。

伝説のアウトドアスパイス「ほりにし」を知らないって方はこちら↓

自動炊飯しながら炊き込みご飯が作れる!というのが今回の肝。

ということで、火元にはエスビットのポケットストーブを使いました。

ポケットストーブ

ポケットストーブとは…

燃料をセットするだけで使える、携帯簡易コンロのことです。
燃料は固形燃料なので、時間の計測や火加減の調整をする必要がないのがいいところ。

使い方は「パカッと開く→燃料セット→火を付ける」の簡単3ステップ!

自動炊飯でご飯を炊く方法はこちら!

事前準備

お米は事前につけておく

お米は事前に30分ほど浸けておきます。

米一合に対し、グロメットの真ん中まで水を注げば「180cc」と大変わかりやすいのがメスティンの特徴ですが、今回は後ほど追加する焼き鳥缶により水分量が少し増すと考え、少し水は減らしました。

使用する材料によって水の量は微調整しましょう。


作り方

調味料混ぜる
①お米と水が入ったメスティンに料理酒・しょうゆ・しょうがチューブ・塩コショウ(今回は「ほりにし」を使用)を入れてよくかき混ぜます。
具材を全て入れる

②具材をすべて(にんじん・しめじ・油揚げ・サバ缶)入れます。サバ缶はほぐしながら入れましょう。

具材を入れたら蓋をします。

自動炊飯をセットする

4. 完全防風の元、自動すい飯スタート!
固形燃料に火をつけ、メスティンをセットします。
今回使用する燃料は1個5分燃焼するものです。

※ガスバーナーで調理する際も、ずーっと弱火がポイントです!

固形燃料

◆固形燃料ポイント

固形燃料は全部で計4つ、20分の分量使います。
※4つ同時に投入すると20分もたずに燃え尽きてしまうので(前回15分くらいで消えてしまった…)、あとの2個は後半に投入します。

五分経過

④5分経過。まだ火は強いです。

10分経過

⑤10分経過。
火が弱くなってきたのでそろそろ燃料を1個追加します。

湯気でてくる

燃料を追加したら湯気が出てきました。5分後(=炊飯開始から15分後)にもう1個追加します。
蒸気が出てくると「しょうが」のいい香りがしてきました!

メスティンを火から下ろす
⑦20分経ったらメスティンを火からおろし、タオルに包んだ状態で(保温のため)10〜20分蒸らします。



10〜20分後

仕上げに刻みネギをかける
⑧メスティンをあけ、仕上げに刻みネギをかけて…
完成

完成!!

サバ缶は鯖の栄養も旨味も詰まっているからいいことづくめです! 具材を入れて炊飯するだけの手軽な一品なので、ぜひ試してみてくださいね。

メスティンで色々料理してみた▼

▼こちらからでも購入できます!▼


ご不明点はお気軽に店舗にて店員までおたずね下さい。

アウトドアワールド店舗一覧はこちら!