trangia(トランギア)のメスティンを使って、ローストビーフに挑戦!

今回はスモークチップを使った熱燻法(くん製)で調理しました!

▼え?熱燻って何?という方は▼

今回は本格的に前日の仕込みからやってます。

前日の寝かし、当日も寝かしと時間はかかりますが、一つ一つの作業自体はそんなに時間はかかりません。

待ち時間が長いだけなので、他の作業の合間にどうぞ。

また、メスティンで出来るので本格的な道具がなくても気軽にチャレンジ出来ます。

ローストビーフは焼き加減が難しいですが、失敗しても美味しいのは間違いないので、軽い気持ちで試してみましょう。

今回ご紹介する調理法の実践は自己責任でお願いします。
メスティンの空焚きは「トランギア公式サイト」で禁止されています。
公式サイトはこちら▼


事前準備-準備物&手順-

お肉に味を浸透させるため、仕込んだ後に一晩寝かすことをオススメします!

◆ 用意するもの

材料

◆使ったもの・材料◆
・牛肉ももブロック…300g
・しょうゆ…大さじ3
・料理酒…大さじ3
・はちみつ…大さじ3(もしくは砂糖大さじ3)
・にんにくチューブ
・塩コショウ
・ジップロック

肉の味がモノを言います!できる限り良い肉を用意しましょう!

また、塩コショウの代わりに今回は「ほりにし」を使いました。

伝説のアウトドアスパイス「ほりにし」を知らないって方はこちら↓

◆ 手順

穴をあけ塩コショウをまぶす
①牛肉ももブロックに味が染み込みやすくなるよう、両面にフォークや串で穴を開け塩コショウをまぶします。
調味料を混ぜる

醤油・料理酒・にんにくチューブ・はちみつをよくかき混ぜます。

ジップロックに入れる

③ジップロックの中に牛肉と先ほど混ぜた調味料を入れ封をしてよく混ぜ、一晩冷蔵庫に寝かせます。


燻す-準備物&手順-

◆ 用意するもの

使うもの

◆使ったもの・材料◆
・メスティン本体TR210(スモール)
・底バットアミ(BK 18-8 長バットアミ 18型)
・スモークチップ
・ガスバーナー+ガス缶
・アルミホイル
・クッキングペーパー
・仕込み済みの牛肉

この底バットアミがないと燻製は始まらない!
底バットアミ

メスティンのスモールサイズ(TR210)にピッタリ「BK 18-8 長バットアミ 18型」を用意しておけば間違いないです。

この絶妙な高さが熱燻を可能にします。

◆ 手順

牛肉を常温に戻す

①前日の仕込んでおいた牛肉を冷蔵庫から出し、一時間ほどおいて常温に戻しておきます。

水分を取る

②クッキングペーパーで牛肉の水分を取ります。

アルミホイルを敷く

焦げ付き防止のため、メスティン底にアルミホイルを敷きます。

スモークチップを敷き詰める

④スモークチップを底いっぱいに敷き詰め、アミをのせます。
※スモークチップがアミからはみ出さないようご注意を!アミもそんなに高さがあるわけではないので…

牛肉を置く
⑤牛肉を置きます。
蓋をする

⑥フタをしてガスに火をつけ、弱火〜中火で15分ほど温めます。

※20分やったときは火が通り過ぎて、中までキレイに色が付いて失敗しました…



15分経過…

燻し終了
⑦とってもいい色になりました!いい香り…
アルミホイルで包む

⑧すばやく火からおろし、アルミホイルで包み肉汁を閉じ込めます。



そのまま60分放置…

アルミホイルから取り出し薄く切って…

完成

完成!!

本格的にやるならば80℃で、何分!と厳密にやれば中身がレアのローストビーフを作れます。

が、手軽にできるのがメスティンでのローストビーフの売りです。

失敗して火が通りすぎてしまっても、仕込みの味付けが染み込んでいるので、美味しくいただけます!

一度失敗しても時間測っていれば2回目はうまくいく!ので、自宅でアウトドアで気軽にお試し下さい!

※↓一回目、ローストしすぎたけど美味しかったビーフ

ローストしすぎたビーフ
メスティンで色々料理してみた▼

▼こちらからでも購入できます!▼


ご不明点はお気軽に店舗にて店員までおたずね下さい。

アウトドアワールド店舗一覧はこちら!