trangia(トランギア)のメスティンを使ったご飯の炊き方をご紹介!

ダッチオーブンやクッカー(コッヘル)ので炊く場合と違い、メスティンを使えばお米を水に浸けたまま炊けるので簡単&ほぼ失敗することなく炊飯することができます!

用意するもの

いるもの
・メスティン本体
・ガスバーナーコンロ(ガス缶)
・重し
・タオル
・お米一合
・水180cc

・火元は火力調整出来るものであればなんでもOK!
・重しはメスティンの蓋に乗るものであればなんでもOK!(今回は缶詰を使いました)


炊き方

米を浸す

①お米は炊き始めの30分前から水に浸けておきましょう。グロメットの真ん中まで(赤線の箇所)入れたらちょうど180ccなので計る手間が省けます!

メスティンをセットする

②蓋をしたメスティンを弱火でじっくり20分火にかけます。

湯気が出てくる

③しばらくすると湯気が出てきたり、水がポコポコ出始めるので、



重しをのせる

蓋が浮かないように、重しをのせます。今回は缶詰を使いました。このまま20分経つのを待ちます。

タオルで包む

④20分経ったら火からおろし、保温しつつ蒸らす作業に入ります。メスティンをタオルで包み、

ひっくり返す

ひっくり返します。こうすることで、底にある水分が全体に行き渡ります。この状態で10〜20分待ちましょう。

完成

10〜20分間蒸らして…完成!!ダッチオーブンやクッカーよりもはるかに簡単に、キレイに炊けました!


▼こちらからでも購入できます!▼


ご不明点はお気軽に店舗にて店員までおたずね下さい。

アウトドアワールド店舗一覧はこちら!