栽培の手引き

基本的に接木苗での栽培を想定しています。

1.  トマトの育苗

◆ トマトの育苗管理

※クリックで拡大

◆ 鉢上げ

販売されている苗は、9㎝ポット(本葉5~6枚)の若苗が多いので、12~15㎝ポットに鉢上げして第1花房の花が咲くまで育苗するとよいでしょう。そのまま定植すると、樹勢が強くなり着果や果形が悪くなる場合があります。

鉢上げ

◆ 植え付け時期

一番花が咲き始めた頃が植え付け適期です。若苗だと吸肥力が強くなり、樹ボケして落花や石灰欠乏症につながりやすく、老化苗だと樹が弱くなり後半、果実の肥大が悪くなります。

植え付け適期

2.  植え付け

植え付け時期の目安は、晩霜の心配がなく最低温度10℃以上最低地温15℃以上になったことです。一般地の露地栽培では5月上中旬ごろ、トンネル栽培では4月中下旬ごろになります。老化苗植え付けや植え傷みで活着不良になった場合は、薄めの液肥を数回あたえて、草勢の回復を図ります。

定植

施肥量


元肥の量は目安として10㎡当たり成分量で、チッソ100~150g、リン酸150~200g、カリ100~150gを施用します。毎年、草勢の強い畑や尻腐れ果が出るような所では、元肥の量を減らし、初期の生育をおさえるようにします。

◆ 植え付けのポイント

活着の良否がその後の育成に大きな影響を及ぼすので、植え付けは晴天の午前中に行います。あらかじめ鉢に十分水やりしておき、植え穴にもあらかじめたっぷりと水やりしておきます。水分と地温を確保するためにマルチを利用すると効果が高くなります。

マルチングは植え付け7~10日前に行って、十分に地温を確保しておくと植え付け後、苗の根の伸張がよくなります。

定植後の管理

プランターの場合


基本的に露地栽培と同じ手順で行います。マルチは不要です。土は野菜専用培養土をそのまま使い、1鉢に最大2株で植え付けます。

3. 仕立て方(大玉・中玉の場合)

◆ 仕立て方

仕立て方

A. 芽かき

芽かき

適切な栄養生長をしていれば、わき芽は小さいうちに除去するのが基本。もしも忙しくて、芽かき作業が遅れている場合は、先に果房直下の旺盛な側枝を除去します。その後、ほかのわき芽を取るようにします。

B.誘引

誘引

生育するとだんだん茎が太くなるので、「8の字」に縛り、ゆとりをもたせておく。

C.摘芯

摘芯

D.ホルモン処理

ホルモン処理

トマトトーン100倍で、3花開花した花房を処理し確実に着果させます。霧吹きでさっと1~2回かけ、先端の若い芽にかからないよう花房を手で覆いながら噴霧しましょう。1回散布すれば5~6果に効果が出ます。日を開けて重複処理すると、空洞果の発生を助長するので注意します。

E.摘果

摘果

適切な栄養生長を示している場合は、果実が500円玉~ゴルフボール大の時に3果にしましょう。1・2段は3果/果房。それ以降は4果/果房が基本になります。

ミニトマトの場合


わき芽かき・誘引は同様に行いますが、摘芯は追肥が十分であれば行わずとも上段の花房からも実が出来ます。もし支柱の頂点まで達したら摘心する、という程度で良いでしょう。

4. 追肥のタイミング

追肥

1回目の追肥は3段花房の開花時が目安で生長点付近の状態を見て判断します

生長点付近の本葉が内側に巻き込まなくなり、主茎が細くなりかけてきている状態のころが、追肥のタイミング。その時期が分からない場合は、試し水をしてやや多めの水やりをしてみます。2日後に草勢が強くなってこなければ、急いで追肥を始める必要があります。

育成ステージ

①植え付けして2~3段開花までは、吸肥力が一番強い時期なので、定植後は水やりを控えめにします。

②夏秋栽培では3段開花のころ、ミニ、中玉はもともと草勢が強く4段開花期ころに吸肥力が低下してくるので、株の根元から、約30㎝離れた所に、深さ約15㎝の穴をあけ化成肥料をチッソ成分で10㎡当たり20~30gを追肥する。液肥の場合、チッソ成分量で10g/10㎡、水やり量は1L/1株程度を格段開花期に施します。

③夏秋栽培では5段開花期に再度草勢が弱くなるので、2回目の追肥をします。

5. 収穫

収穫時期

トマトは大きさ、色もまちまちで、品種も多いので一概に実がついてから何日で収穫と言い切ることができませんので、しっかり「目で見て確認」することが必要です。

トマトは緑色から赤(品種によってはピンク)になるまで時間がかかりますが、へたのすぐ近くまで色づいたら収穫時期です。また、熟した物であれば簡単に手で摘み取ることができます。もし、青いままで収穫してしまっても常温で保存すれば時期に色がついていきます。

ミニトマトともなると収穫時期には一日に大量の実がなります。タイミングを逃し、実が熟しすぎて割れるようなことになればコバエ等の発生原因になりますので、毎日のチェックを欠かさず行うようにしましょう。


病害虫

トマトは幼苗期から最後までずっと病害虫の被害に遭いやすく、対策が必要になってきますが、これを怠ると収穫量が減っていきます。原因・症状は様々ですので常に株の状態に気を配りましょう。

■青枯れ病
頭頂部の葉から日中しおれる・夜間回復、を繰り返し、最終的には青いまま枯れてしまう病気。高温乾燥時におこりやすい。対策が施された接ぎ木を使うなどで対策し、もし発生したら薬剤で対処しましょう。

■うどんこ病
葉の表面に白いうどん粉のようなカビが出てくる症状。露地栽培で乾燥気味の状態、葉茎が密集状態にあるとおこりやすくなります。木酢液などで予防することが出来ますが、発生の際は薬剤か除去することになります。

UDONKO病

うどんこ病に感染したカボチャの葉

■トマト褐色腐敗病
トマトの実にシミのような褐色の斑紋が現れ(主にへたの部分)、やがて全体が枯れてしまう病気。みつけたら早急に排除し殺菌剤で殺菌すること、露地栽培など多湿な環境で起こるのでマルチなどで雨から守る、などが対策です。

■尻腐れ病
果実のおしりの部分が黒くなり腐ってしまう現象。これば病気ではなく、カルシウムなど栄養不足の場合に起こります。もし発生した場合は該当の実を排除し、充分に追肥を行いましょう。

■アブラムシ
発生すると大量に繁殖し植物が弱ると同時に病気にかかりやすくなります。どんどん増えていくので、みつけたら薬剤などで即駆除しましょう。また、予防のために肥料をやりすぎないこと、水分を十分に与え乾きすぎないことがポイントです。

■ハダニ
葉の裏側に寄生し、樹液を吸うためその部分が白くなってしまい、放っておくと株が枯れてしまいます。こちらもどんどん増えていきますが、非常に小さいので捕まえるのは難しいと思います。見つけたら薬剤などで即駆除しましょう。


おすすめ品種

おすすめ品種はこちら


トマトの歴史や、数多くある品種の中からバローおすすめ品種を紹介します。品種選びに困ったらコチラ!

食べ方で選ぶトマト品種

食べ方から選びたい方は


品種選びは「食べ方」「調理法」から選びたい方はコチラから!


ホームセンターバローでは豊富に苗や
用土など関連用品を取り揃えております!
また、ご不明点はお気軽に店舗にて店員までおたずね下さい。

お近くのホームセンターバロー ※現在地情報から読み取ります